宇宙戦艦ヤマトのストーリーを検証  
主砲発射用意。目標は地球だ。


宇宙戦艦ヤマト2  敵 白色彗星帝国ガトランチス

 西暦2201年。古代進は,太陽系外周艦隊第三艦隊旗艦ヤマトの艦長代理として地球の復興のために働いていた。地球への帰還途中に謎の艦載機の攻撃を受ける。また,強力な通信電波によって,太陽系は大混乱に陥る。地下司令部で謎の通信を分析してみると,その内容は宇宙の危機を知らせるためのメッセージだった。また,同時に地球へ向かってくる巨大な彗星が観測されるようになった。それらのデーターを真田は防衛会議に提出した。ところが、地球防衛軍の幕僚達は問題にもしなかった。
 古代達ヤマトの元乗組員たちはドックに停留してあるヤマトに乗り込み,地球防衛軍参謀の妨害を乗り越えてメッセージの発信源にむかって旅立った。旧ブラックタイガー隊も新型機を携えて合流した。
 途中で謎の敵艦隊により,壊滅した11番惑星基地より救い出した空間騎兵隊を乗せた。この事件により古代たちは命令違反を許された。
 途中で出会った敵ゴーランドミサイル艦隊の妨害や死んだと思われたデスラー総統の率いるガミラス残存艦隊の攻撃をはねのけ,ヤマトは謎のメッセージの発信源テレザート星へたどり着く,敵基地とザバイバル戦車部隊を打ち破りとうとうメッセージの発信者である謎の女性テレサに会うことができた。テレサから大彗星の正体を聞かされた古代たちは迎撃のため急いで地球へ帰還する。テレサは白色彗星の進撃からヤマトを守るためテレザート星を爆破し,彗星進撃の足を鈍らせることができた。
 帰還途中でヤマトは11番惑星の白色彗星兵站基地を破壊したあと無事に地球艦隊に合流した。
 ヤマトは空母艦隊を率いて敵の大機動艦隊を空襲し壊滅させることに成功する。地球艦隊の方も土方総司令の奇策により敵バルゼー艦隊を撃滅することができた。しかし,勝利の喜びを噛み締めるひまもなく,至近距離に白色彗星が現れ,地球艦隊を飲み込んでいった。ヤマトは吸い込まれていく他の艦と衝突し,戦線を離脱していった。土方司令は残った艦により白色彗星に波動砲攻撃を行ったが,彗星周囲のガス体を剥ぎ取ることに成功する。しかし,現れた都市帝国の攻撃により地球艦隊は全滅してしまった。修理を終えたヤマトは都市帝国を追ったが,ガミラス艦隊の攻撃を受けた。ヤマトの手の内を知りつくしたデスラー総統の作戦により,ヤマトは戦闘不能に追い込まれた。
 ヤマトは小ワープによってデスラー艦との白兵戦に持ち込みデスラー艦を破壊することに成功する。ヤマトとの決戦に実質的に勝利したデスラー総統は退艦する際,白色彗星の弱点を森雪に教えてくれた。
 その頃,地球政府は白色彗星に無条件降伏をしていた。
 古代は敵要塞都市攻略作戦を実行する。要塞都市の猛攻で傷つくヤマトと吹き飛ばされる乗組員。犠牲を出しながらも要塞都市内部の動力炉を破壊することに成功する。残りの全エネルギーを絞り出したヤマトの砲撃によって要塞都市は崩れ去っていった。しかし,崩れ行く瓦礫の中から現れたのは超巨大な戦艦であった。超巨大戦艦はヤマトに対して全力で砲撃を開始した。徳川機関長も戦死してしまった。ヤマトへ大笑いして通信してくるズォーダー大帝。次に,超巨大戦艦は攻撃目標を地球に変えた。地球は巨大砲の攻撃により傷ついていった。古代は全乗組員を退艦させた。ヤマトによる体当たり攻撃を実行するためであった。しかし,再び現れたテレサは古代の無謀な攻撃を思いと止まらされ,それだけではなく,最後の力をもって超巨大戦艦を葬ってくれた。
 古代は,生き延びる事,負けて帰る事の大切さをテレサより教えられた。
 宇宙戦艦ヤマトは傷ついた地球に帰還していった。

全26話

  1. 2201年ヤマト帰還せよ!!
  2. 彗星出現ヤマトを改造せよ!
  3. 地球の危機に起てヤマト!
  4. 未知への発進!
  5. 主砲全開!目標ヤマト!
  6. 激戦!空間騎兵隊
  7. 逆襲!姿なき潜宙艦(スペースサブ)
  8. 宇宙気流!脱出不可能
  9. 突撃!ヤマトを爆沈せよ!
  10. 危機突破!吠えろ波動砲
  11. 復讐の鬼デスラー総統
  12. ヤマト空洞惑星に死す!?
  13. 猛攻!テレザート上陸作戦
  14. 反撃!テレサを発見せよ
  15. テレサ・愛のはじまり
  16. テレサ・愛と別れ
  17. テレザート・宇宙に散る!
  18. 決戦・全艦戦闘開始!
  19. ヤマト・激突ワープ!
  20. ヤマト・奇襲に賭けろ!
  21. 壮烈・土方艦長の死!
  22. ヤマト・徹底抗戦せよ!
  23. 宿命の対決!
  24. 死闘二人の勇士!
  25. ヤマト都市帝国攻略作戦
  26. ヤマトよ永遠に


主題歌 「宇宙戦艦ヤマト」

エンディング「テレサよ永遠に」

つんちゃんの寸評
 さらば宇宙戦艦ヤマトを再構成してテレビ化したもの。
 地球防衛軍最初で最後の空母が登場した。
 個人的には世間の評判ほど悪い物語ではないように思える。
 地球艦隊が活躍する最初で最後の物語となった。その後,登場とともに全滅病にかかってしまった。

つんちゃんの苦評
 さらに宇宙戦艦ヤマト
 テレサが服を着て只の人になってしまった。
 追加の部分のメカニックデザイン(板橋氏の)が従来のラインから外れてしまった。
 以後,ファンからは非難ごうごうであり。多くのマニアは卒業していった。
 残存地球艦隊がアンドロメダ以外が突然消えてしまった。
 

前のページに戻る

ご意見等の書き込みは 掲示板に願いします。

ご意見等のメールは つんちゃんまでお願いします。
CAMERA