宇宙戦艦ヤマトのストーリーを検証  
敵は艦首波動砲を撃とうとしている。


宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち  敵 暗黒星団帝国


宇宙戦艦ヤマト−新たなる旅立ち  ヤマトは辛うじて彗星帝国に勝利(???)し、ヤマトは地球に帰還し,ガミラスの総統デスラーも新天地ヘ向かう大航海に出発するに際して母星であるガミラス星に別れをつげるために大マゼラン星雲へと向かった。それから2ヶ月がたち地球の再建も着々と進みつつあった。生き残ったヤマトの乗組員も全て退院した。修理の完了したヤマトは宇宙戦士訓練学校の卒業生を乗せて訓練航海に出発した。
  デスラー達がガミラス本星で目にしたのは,正体不明の採掘部隊がガミラス星に巨大なパイプを突き刺し鉱物を採掘している光景であった。デスラーは怒り謎の船団に対して攻撃を命令した。巨大な輸送船の爆発は地上の施設を破壊した。そのためガミラス星は大爆発を起こして宇宙に散ってしまった。悲しみに泣き叫ぶデスラー。しかし、感傷にひたっているひまは無かった。ガミラス星が消滅したことにより,連星であるイスカンダル星が暴走を始めてしまった。デスラーはイスカンダル星を追った。イスカンダルのエネルギーを狙う謎の艦隊も追撃体制に入った。地球も連絡を受けて訓練航海中であるヤマトをイスカンダル救援に派遣した。
 デスラーはスターシャに脱出を勧めたがスターシャは受け入れなかった。そのうち,ガミラス艦隊は謎の艦隊の攻撃を受けた。謎の艦隊は圧倒的に強力でありデスラー達は絶体絶命の状況に陥っていった。このピンチを救ったのはヤマトであった。ヤマトの新乗組員の活躍で謎の艦隊を壊滅していった。あとに残った主砲が通じない巨大戦艦は新乗組員である北野が引金を引いた波動砲によってどうにか勝利を手にした。
 近くの暗黒星雲で巨大な影があった。艦隊を壊滅させられた暗黒星団帝国マゼラン方面総司令のメルダーズの指揮する自動惑星ゴルバである。メルダーズはグレートエンペラーに自ら出動し採掘作戦を成功させることを約束していた。
 スターシャの説得にヤマトの乗組員が加わったが,依然として事が進まない。やがて,ヤマトとガミラス艦隊を覆うような形で異様な形の自動惑星ゴルバが彼らの前に立ち塞がった。メルダーズは立ち去らなければイスカンダルに攻撃を加えると古代たちに警告した。正義に燃える古代は断った。怒りに燃えるデスラーの砲はゴルバに対して攻撃を加えた。ガミラス艦隊の攻撃は,ゴルバ周囲の戦闘ヘリコプターを次々に撃破していった。しかし,ゴルバ本体のミサイル砲によりデスラーの乗艦を除いてあっという間に壊滅してしまった。
 怒りに燃えるデスラーは至近距離でデスラー砲をゴルバに向けて発射した。ゴルバは即座に砲口を全て閉じてしまった。デスラー砲はゴルバの強固な装甲の前では石ころ同然であった。あまりの幼稚な攻撃にメルダーズは25秒ほど笑い続けた。そして,約束通り,イスカンダルに対して攻撃を開始した。巨大な主砲から打ち出されたエネルギー弾はイスカンダルに大きな被害を与えた。第二弾が撃たれようとするとき,デスラーは艦をゴルバの砲口へ突撃させた。デスラーは古代にこのまま砲撃すればゴルバを破壊することができると告げた。波動砲を撃とうとする古代。発射寸前スターシャがエネルギーを渡すことを約束した。
 イスカンダルより脱出ロケットが飛びたした。採掘のため降下するゴルバ。しかし,スターシャは脱出ロケットには乗っていなかった。自分の夫古代守と娘サーシャをヤマトに託し,イスカンダル星をゴルバと共に自爆させた。
 あとに残ったデスターは新天地を探すため旅立っていった。ヤマトも後味が悪いながらも地球へと帰還していった。


主題歌 「ヤマト!新たなる旅立ち」

挿入歌 「サーシャ我が愛」
  あっと驚く島倉千代子の起用。

つんちゃんの寸評
今回,ヤマトは地球を救うためでなく,イスカンダルの危機のため出動した。他の物語とは異質な内容になっている。

つんちゃんの苦評
絵がしょぼい。掌も写っていたりする。
スターシアの自爆とその後の幽霊はいただけない。
古代がメルダーズの言うことを黙って聞いていれば良かった。それ以前にデスラーが謎の採掘部隊を見逃せば,何も起こらなかった。
デスラーがいやに感情的だった。
島倉千代子は相変わらず歌がうまくないと思った。
古代のおせっかい内政干渉が始まった。


前のページに戻る

ご意見等の書き込みは 掲示板に願いします。

ご意見等のメールは つんちゃんまでお願いします。
CAMERA