宇宙戦艦ヤマトのストーリーを検証  
たまたま星間国境の巡視に出かけていてな。間に合ってよかった・・・


宇宙戦艦ヤマト完結編  敵 ディンギル帝国


 時に西暦2203年。銀河系は異次元より現れた別の銀河系とのすさまじい交差による衝撃で銀河中心部のデスラー総統のガルマン=ガミラス帝国,ボラー連邦が壊滅した。ヤマトはその調査の帰りに異常な洪水に見舞われた惑星ディンギルを発見した。惑星から少年一人を救出したものの,代わりに多くの乗組員が犠牲になる結果になった。しかも,直後に遭遇した謎の艦隊によってヤマトは大破し,さらに大勢の乗組員が命を失った。
これらの事件により古代は艦の指揮をとる自信をすっかりなくしてしまった。ヤマトにより惑星を洪水にした惑星アクエリアスの存在が明らかになったが,この惑星が地球に訪れるのは六千年先の話であった。しかし,予てから地球への移住を計画していたディンギル星の大神官大総統ルガールは計画の第一弾としてアクエリアスの洪水を利用し,自分たちに邪魔な弱い者(老人や女子供)を滅ぼした。さらに超エネルギーでアクエリアスをワープさせ,地球人をも洪水で滅ぼそうしていた。
ワープで近づいてくるアクエリアスに地球政府は驚き,大規模なスペースコロニーへの移住を始めた。ルガール大総統の命を受けた息子ルガール・ド・ザール将軍は地球制圧艦隊を率い,すべての移民船を撃滅した。
怒りに燃える地球艦隊司令はディンギル艦隊に向けて,新兵器拡大波動砲を斉射したが,ルガール将軍の巧みな作戦で防がれ,反撃のハイパー放射ミサイルで,地球艦隊を壊滅させた。地球に残された船は傷ついたヤマトと僅かな数の船のみであった。
ヤマトは沖田艦長の下再装備され敵艦隊撃滅に出発した。宇宙に進出したヤマトに合流する駆逐艦冬月を始めとした残存艦隊。まるで,過去の戦艦大和が経験した沖縄特攻とほぼ同じ様相であった。
ハイパー放射ミサイルの攻撃をコスモタイガー隊と駆逐艦の活躍でなんとか第一波攻撃を防いだ。古代の索敵により,敵の本拠を突き止めたヤマトは敵移動要塞の攻撃に成功する。炸裂する波動カートリッジ弾の威力で敵艦隊は全滅した。
ヤマトは傷ついた駆逐艦隊を残し,単身アクエリアスワープ阻止の航海に旅立った。次のワープを許したら地球のまじかにアクエリアスが到達してしまう。アクエリアスに着水したヤマトはアクエリアスの女神に出会う。アクエリアスはディンギル星人によってワープさせられている事や,ディンギル星人は地球人であった事を知らされる。索敵のコスモタイガーから敵の築いたエネルギー吸収プラント発見の報告と敵艦隊,敵艦載機の接近をが知らせた。ガール将軍は全艦隊を率いてヤマトに襲いかかってきたのであった。敵艦載機の攻撃を回避したヤマトはアクエリアスから飛び立っていった。前方,下方より敵水雷艇の接近を知らせる報告と共に,アクエリアスを追尾してくる敵の本拠都市衛星ウルクも発見した。
敵水雷艇は次々にハイパー放射ミサイルを放ってくる。しかし,すでに真田は対ハイパー放射ミサイル防御兵器を完成させていた。次に,ルガール将軍は砲雷撃戦をヤマトに挑んできた。ヤマトは敵巨大戦艦群の砲撃で被弾し,傷ついていく。沖田は波同胞の命令でヤマトは周辺の小惑星ごとディンギル艦隊を波動砲で撃滅した。再び逃げ帰るルガール将軍にルガール大総統は容赦しなかった。ニュートリノビーム防御幕放射により都市衛星ウルクを周囲より遮断してしまった。ルガール将軍の乗機は反転が間に合わず破壊された。無敵のニュートリノビームも波動エネルギーのシールドの前では無力化される事を知った沖田はヤマトの艦首から波動エネルギーを放出することで防御幕に穴をあけそこから内部に入り込みヤマトを都市衛星ウルクに強行着陸させる作戦を決行した。まもなく都市衛星からアクエリアスへワープ光線の照射が始まった。コントロールシステムが敵総統府であるとみたヤマトは総統府に向けて主砲攻撃をかけた。シールドによって守られているため簡単には破壊できなかった。敵戦闘機の攻撃もあり,次第にヤマトの砲座は沈黙していった。その上ルガール大総統は騎馬軍団と小型円盤部隊を指揮してヤマトに対して白兵戦を挑んできた。ヤマトは艦載機を出さなければ危ない。しかし,コスモタイガーは発進口が思うように開かず発進できない。負傷に構わず島は,巧みな操艦で艦載機発進口を開ける事に成功した。制空権を奪われたルガール大総統はさっさと神殿へ向かって逃げて行った。コスモタイガーの攻撃でワープ光線のコントロール機構を破壊してビームは止まった。
安心するヤマト乗組員。しかし,なぜかビーム放射が再開された。真田の分析によると敵神殿にコントロールルームがあるらしい。古代はコスモタイガーを率いて神殿の山へ強行着陸。ディンギルの少年の案内でコントロールルームへ辿りつくが,もはや時間は残されていなかった。不意をつかれた古代はルガール大総統に撃たれるが,間に入った少年が代わりに撃たれてしまう。この少年はルガール大総統の息子であった。ルガール大総統はアクエリアスのワープ開始を確認すると,コントロールルームから脱出していった。大総統はヤマトを葬ろうと都市衛星爆破を命じ,神殿から現れた岩石ロケット艦隊を率いて何処となく去っていった。ヤマトは辛うじて都市衛星から脱出した。
アクエリアスは太陽系内にワープアウトした。最後の手段としてアクエリアスにある敵の築いたエネルギー吸収プラントを利用して重水素を抽出しヤマトに積み込んでアクエリアスから地球に伸びる水柱をヤマトの自爆により断ち切る・・・・これしか方法が無かった。古代はヤマトの乗組員を説得し,この作戦を決行することに決まった。重水素を満載してアクエリアスから再び飛び立つヤマト。ルガール大総統はこれを見逃すはずは無く,ディンギル艦隊はあっという間にヤマトを包囲してしまった。敵の攻撃開始寸前に駆けつけてくれたのはあのデスラー総統であった。ガルマン=ガミラス艦隊はディンギル艦隊を打ち破った。
ヤマトの乗組員達は全員退艦し,迎えに来た駆逐艦冬月に移乗した。波動砲の引き金を引く沖田艦長を除いて。泣き叫ぶ乗組員を残して,ヤマトは静かにアクエリアス最接近の中間点に向けて発進していった。接近するアクエリアスより巨大な水柱が地球に向かっていく。ヤマトが水柱に吸い込まれる寸前に沖田は波動砲の引き金を引いた。水柱は地球へ向かう前にヤマトの爆発で飛び散った。飛び散った水柱は再び集まり宇宙に漂う水塊となった。
ヤマトは水柱を断ち切る際,粉々に吹き飛んでいるはずだった。
しかし,古代たちヤマトの乗組員には静かに眠る沖田艦長を乗せてヤマトが海面を漂っているように見えた。そして最後にさしずめまぼろしのヤマトが最後の汽笛を鳴らしながら宇宙の海へ轟沈するがごとく映っていたのであった。

戦いの後,古代進と森雪はやっとのことで結ばれた。

挿入歌 「古代(おれ)とヤマト」 「二つの愛」 「明日に架ける虹」 「ラブ シュプリーム 〜至上の愛〜」

つんちゃんの寸評
 絵が大変きれいです。デスラー登場の時,何故か映画館内で大爆笑が起こってしまいました・・・・(なんでだよ!)ヤマト大爆発。宇宙の海へ沈没。
 挿入歌はやたらと多いがそれぞれは言い歌だと思う。

つんちゃんの苦評
 ヤマト大爆発。 
 ディンギル側の宇宙艦艇デザインの方向性が今一つ絞りこめていないように思われます。

つんちゃんの選んだ名言
 やむ終えまい。この世は強いものが栄えためのみある。弱い老人や女子供など滅びて当然。(大神官大総統ルガール)

前のページに戻る

ご意見等の書き込みは 掲示板に願いします。

ご意見等のメールは つんちゃんまでお願いします。
CAMERA